<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

☆「14才のハラワタ」へのコメント!
甘利はるなさん(女優、「コドモのコドモ」主演)→こちら
三木聡さん(映画監督、「インスタント沼」他)→こちら
本橋成一さん(写真家、映画監督)→こちら
松江哲明さん (映画監督、「あんにょん由美香」他)→こちら

☆「14才のハラワタ」イベント情報!→こちら
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
tiny dinosaur。
こんにちはー宣伝部の大川です。

雨が続きますね。この雨がやんだらとっても寒くなるんでしょうか。ぎょえー
こんなシトシト日和はワタルちゃんのように昼ねをしていたいです。(て、いつも)

今日は9月最終日!とうとう17日で「14才のハラワタ」が公開となります。ドキドキ。
ドキドキついでに、衣装協力のtiny dinosaurからショップオープンのお知らせが舞い込みました。
今まで期間限定ショップやWEBでしか購入できなかったので、これはとても嬉しいです。

ショップオープンのお知らせは最後の方に紹介しますね。

劇中tiny dinosaurさんのお洋服は塾長役の池上幸平さんが着用!

塾長役の池上幸平さん。 

おぉ、、、イケメン塾長です。

主人公の原田ワタル(=ハラワタ)は塾にも通っている設定。

塾長はゆる~い感じで、生徒ともかなりフレンドリー。
でもゆるいだけじゃなく、タイミングによっては生徒への想いをキチンと表現している素敵な塾長です。
そんな自然体であり、どこか芯のある感じを表現するため、tiny dinosaurさんに衣装協力をお願いしました。
他にも星新一原作、辻川幸一郎監督作「きまぐれロボット」でも衣装協力されています。DVDをみるときはチェックしてみてくださいね。

そんなtiny dinosaurさんのお洋服は

ザ・ホテル・ゴースト
西武有楽町店 ファッション館 7F
東京都千代田区有楽町2-5-1

新宿高島屋ファムメゾン8F
tiny dinosaur shinjuku shop

こちらでどうぞ!

小さな恐竜のごとく、自然体な雰囲気から、デザイナーのコンセプトと想いが吼えているパンチのある洋服ですよー

ではでは

ご案内でした!

tiny dinosaur
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
死霊のハ〇ワタ…違うか!?
いきなりのボケにお付き合い頂きありがとうございますムード
演出部を担当しています、木内です。

今日は撮影日誌というわけで、撮影中に起きた出来事等をトークしていくわけなんですが何分過去は振り返らない…そんな格好いい大人になろうと決めているので話す事はありません!(-.-)


…えっと、冗談です。もちろん話させて頂きますとも(笑(・ω・;)

そうですね、撮影中といえば役者さんをよく見ていて些細な事に気付いたりと色々発見がありました。

塾長役の池上さんはそのイケメンにあったたたずまいに…甘い口調と思いきやスタッフや他の役者さんを楽しませるといった巧みな話術を持っていたり、


ワタルの母役の大家さんは尊敬してしまうほどの大人な人なんですが控え室でのスタッフいじりトークでは誰よりも群を抜いていじる!そういった意外…というか面白い一面を垣間見えました。


それ以外にも、青木役の五十嵐さんの人の話を謙虚に聞く姿勢には、あぁ…こういう子がいずれ名を轟かせるビックスターになるんだろなと予感させました。

もちろん、主演でワタル役の長野さんもスタッフ内、又はこの記事を読んでる方ならご存じの通り小柄な体型とは裏腹に頬をいっぱいにしての食べっぷりには驚きと癒しささえ感じました。


だからこそ、長野さんが撮影途中に風邪で熱を出した時は本当に皆見守るような思いでした。


なんだか、撮影日誌とは程遠いような内容になってしまいましたが、そこはご勘弁ひらめき


どの役者さんも真剣に演じて完成した映画『14才のハラワタ』、一度と言わず二度見て欲しい素晴らしい映画です。


公開まで残り2か月程ですが、是非観に来てください!!

ハラワタは皆を待ってるよ!

以上、撮影日誌でした〜!!
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
うらばなし
 
どーもー、はじめまして。
制作部の上野です。
アメトーークを見ながらまったり更新しています。
今日はおなかピーピー芸人です。汚いです・笑



さつえい日誌なんですが、ほとんど現場にいることが出来なかったので、
今回は控え室や現場のベースでのキャストさんの様子をお伝えしたいと思います。


今作の主演・ワタルちゃんを演じてくれた長野さん。
彼女の口には常に何かが入っていました。
あの小さい体にはとてつもない胃の世界が広がっているのだと思います。
ずっと笑顔で食べ続けるので見ていてとても癒されました。


ナツキ役の水嶋さんは一番年下にも関わらず、一番落ち着いていて大人でした。
僕のほうがはしゃいでしまっていたので、もう少し大人になろうと思います。


青木役の五十嵐さん。私服では美少女炸裂でした。
またマスコミの鈴木くんを加えての地元トークは面白かったです。
そういえば『携帯捜査官セブン』のDVDが僕の働いているツタヤでもレンタルしていました。
今度借りてみまーす。


祐輔役の勝斗くん。元気いっぱいでとてもかわいいです。
彼の笑顔で現場がどれだけ元気をもらったか・・・本当にありがとう!!!
また会えるのを楽しみにしています。



ほかにも個性たっぷりな方々がいっぱいいるのですが、タイピングが遅く・苦手なので今回はこのへんで。
雨がだるいですなー。
しかぁーし!!スタッフは梅雨の時期もくさらず上映に向かって走っています。
みなさま、映画『14才のハラワタ』をお楽しみに☆ (>▽<)b




さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
制作スタッフのラッシュ試写!
こんばんは、プロデューサーの山本です。2回目の登場です。


さて本日は、制作スタッフと共にラッシュ試写を行いました。




ラッシュとは…

1 突進すること。突撃すること。特に、ボクシングで、猛然と攻撃すること。

2 物事が一時にどっと集中すること。

3 「ラッシュアワー」の略。

4 映画で、撮影結果を見るために焼き付けた未編集のポジフィルム。ラッシュプリント。

(大辞泉より)


という意味があるんですが、もちろん「3」ではなく、「4」の事でありまして、撮影した結果を制作スタッフで確認した、という事です。
(今回はハイビジョンでの撮影ですので、フィルムではなくDVDをプロジェクションして試写しました)


参加した制作スタッフで演出面、技術面の確認を実際の映像を見ながら確認したんですが、その総時間、4時間半。

NGも含めた全カットが含まれていますので、時に「近藤、勢いよくボールド(※1)出し過ぎ!」とか「近藤、なんでそのタイミングでこけるんだよ(※2)」とか、ふいに映っているスタッフを見て笑ってしまったり、またワタルと明子のシリアスな演技を固唾を飲んで見つめたり、と、ある意味見所満載の4時間半でございました。


(※1〜ボールドとはカチンコの事。各カットの冒頭に、カットナンバーを記したカチンコを映して編集の時に作業しやすくするのです。)

(※2〜とあるシーンで、人がこける音だけ欲しかったので、助監督の近藤がキャストさんの代わりにこけました。なぜかNGを出しましたが・笑)




編集作業の方は、仮編集が終わり、これからいよいよ本格化。監督他スタッフと意見を交わしながら修正を繰り返していく、といった感じです。
これからも進行状況をブログで報告していきますんで、みなさんよろしくお願いします。

未だにサロ○パス臭のする、山本がお送りしました。
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
9日目〜原田家での1日〜
ども。
宣伝班スズキでございます。

今日は原田家の撮影でした。
実は原田家3人全員が集まったのは今日が初めてだったりします。
そして原田一家が現場に揃うのは今日が最後なんです。

そうなんです。
今日が『14才のハラワタ』の撮影最終日。
自然と現場のモチベーションは高くなっている気がします。

そんな中撮影が始まりました。
家族3人の食事。
静夫とワタル。
明子とワタル。



今日は大事なシーンの撮影ばかりです。
現場スタッフもみんなハラワタの世界に引き込まれてる感じです。
「思わず泣きそうになっちゃった」
と、撮影終了後スタッフがぼそっと呟いてました。
そんな風に現場はずっとシリアスな雰囲気に包まれていました。



ずっと感傷的な雰囲気だったわけじゃありません。
少し現場を離れるてみると、有名な長編アニメの声優を演じていた松田さんに、その時からのファンだというある技術Pがサインを求めてたり。

控え室では、大家さんがスタッフをいじって笑い声が聞こえたり、自身の体験談で驚きの声があがったり。

長野さんはというと撮影中はセンチメンタルな感じになっていたのですが、それ以外はいつものように元気いっぱいでした。
撮影に使ったオムライスを「おいしー!!」ってほお張ってたり、おかしをぱくぱく食べてたり。

そんな長野さんだったんですけど、撮影が全て終わって最後に一言
「ありがとうござました」
と言い終えると、泣いちゃいました。
「もう終わりなのかー」
と言って泣く長野さん。

名残惜しいけど、今日で撮影は終了。
けれど公開までにやれることはまだまだたくさん。
長野さんの期待を裏切らないためにもスタッフ一同公開まで全力でいきます。



『14才のハラワタ』
期待しててください!!

では。
そんな感じで。
さつえい日誌 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)| -
クランクアップまでカウントダウン。
撮影8日目。撮影も残すところあと一日。
宣伝部のおおかわがリポートします。

今日は、ハラワタのお家のシーンを撮影。
ハラワタ=ワタルちゃん演じる長野レイナちゃんの通常より早めの集合により、一気に撮影モードが高まりました。

午前中は玄関でのシーンを一気に撮影。
朝のシーンや夕方のシーンなど、陽の差し方を考慮して、照明部もいったりきたり。
あれやこれや日根野Pと試行錯誤です。

ワタルちゃんも階段を登ったり、下りたり、走ったり、戻ったり、、と何度も何度も走ります。佐山監督の気遣いにも「大丈夫!頑張ります!」と笑顔。現場も和みパワー炸裂。

そして動きのあるシーンが多い今日も、メイクさんはつきっきり。
ハラワタはちょっと寝癖があるようなタイプの女の子なので、いつもヘアスプレーが欠かせないようです。

そんなワタルちゃんが走り抜けている間、美術&制作スタッフは、お弁当の手配や、次のシーンで使う部屋の作りこみなどでばたばたと。
みんなイメージを頭に浮かべながら、こちらも走り出します。

キャストさん、監督、助監督、美術、記録、撮影、照明、録音、技術、メイク、スチール、宣伝、、
みんなひとつの方向へ向かって走っています。

その姿は、とてもカッコよくて、心にジンジンきてしまうのでした。


午後からはワタルちゃんのお母さん役の大家由祐子さんが登場!
大家さんの手元には、差し入れのシュークリームが!!
スタッフ一同、おいしくいただきました。

休憩中も多くの現場を見てきている大家さんならではのお話を伺えたりと、スタッフのテンション高まります。

明日はいよいよクランクアップです。
ワタルちゃんもずーーーっと、朝から夜まで頑張ってくれました。。
スタッフの顔にはマスクの人数も増えてきていますが、あとひとふんばり!


後日、クランクアップの様子もお楽しみに〜
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
7日目
 
撮影7日目ですね。はじめまして宣伝部の槇です。

撮影も大詰めといった感じで今日はオールアップする役者さん達がたくさんいました。あの元気いっぱいだった祐輔君も「ありがとうございました」という言葉を残し、現場から列車のように去って行きました。今日で撮影は終わりだった皆さんほんとにお疲れさまでした。

今にも泣き出しそうな寒空の下、今日のハラワタの撮影は始りました。天気は良くないし、時々雨も降るような現場でしたが、スタッフさん達は濡れながら、傘をさしながら撮影をしていきました。
ホントはもっと青いキャンパスに白い絵の具で好き勝手遊べるような、空だったら外のロケも気持ち良くできるんでしょうが、今日は大変でしたね。




ワタルちゃんはホッカイロが気になってしょうがない様子でしたし。

けど、そんな天気の中行った撮影でしたが、監督のイメージとはぴったり重なるような環境で、とても良かったと思います。それにしてもこんなぴったりなんて、なんで今日だとわかったんでしょう?
すごいな、ハラワタなにか持ってますね。





あと大変だったのが、撮影場所が道路ということで、人の流れですね。よく風の流れに乗ってとか、人の流れに任せるとかいいますが、僕らはそれを止めなきゃいけないんだから大変です。

ウソだろってくらい、道には人、車、バイク、自転車、それぞれ速さの違うものが通るんだから、大変です。正直今日の撮影で一番印象が強いのは、スタッフさんの「車通りまーす」です。

今日はこんな感じでした。

明日一日空いて残り二日ですか、いよいよラストスパートですね。ワタルちゃんや青木さんの制服姿を見て何となく、学生時代を思い出し、ちょっぴり切なくなるやるせなくなる。気持ち。そんな映画の完成した姿を早く見たいなと思う、僕です。

それでは、またまた



さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
6日目 塾最終日です。
 こんばんは。宣伝班の安島です。



本日、3日間続いた塾での撮影が最終日を迎えました。
塾長役の池上幸平さんともしばしのお別れです。お疲れ様でした!

3日も続くと近所のお弁当屋さんのおばちゃんとも仲良くなるし、東京から少し遠くたって愛着がわいてくるものです。本当にお世話になりました。



今日は、塾でのキーワードともいえる“先生”たちが朝から入れ替わり立ち代わり現れ、ワタルと問答を繰り広げます。
どの先生も個性的で、思わず引き込まれてしまう演技に現場はヒートアップ!
…するのは心の中なので、実際には静かな情熱がたぎる、といった所でしょうか。

中でも本日のMVPに押したいのは、近藤先生役の荒金蔵人さん。
雄雄しくキャラメルを頬張る姿に、宣伝スタッフは一瞬にして心を奪われました。
さらに、その後の英語を流暢に教える姿には大悶絶。
あまりのすばらしさに最後の「カット!」の声と同時に感嘆の声や、あまりの衝撃に笑い出すスタッフも。
これが塾での最後の撮影だったこともあり、最後の最後に本当にヒートアップしたのでした。



出来上がりが楽しみですね。

撮影もあと3日を残すのみとなりました。
ラストスパートながら、ハラワタにとって最も重要なシーンの撮影がいよいよ始まります。

徐々に歴戦の勇士となってきているスタッフ一同、まだ見ぬゴール目指して邁進して参ります。
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
5日目〜宣伝班から演者へ・ド素人の挑戦〜
宣伝班が日替わりで更新しております「さつえい日誌」。
5日目は学生最年長(?)の高山がお届けします。



昨日に引き続き、千葉県某市にあります塾をお借りして
ハラワタが通う個別学習塾のシーンを撮影しました。

ここはただの塾ではありません。
「個別学習塾」です。
部屋の中は多くのパーテーションで仕切られ、
先生が各席を巡回しながら教えるという…あれです。

スタッフサイドから言わせてもらえば、
このパーテーションが厄介者なんです。
人も、道具も、配線類も
みんな通路の間を縫うように
動くので、スムーズな進行に一苦労。
それでも映画学科の若きスタッフたちは
塾ロケ2日目ということもあり、
山本Pに時折怒鳴られながらも
軽やかのステップでシーンチェンジ→
テスト→本番をこなしていきました。

狭い室内での撮影は
役者さんたちの多大なる
お気遣い・ご協力もあって成立しました。
演者の皆さん、ありがとうございました!!
(特に身長183センチのスレンダー塾長・池上さん!!!)
明日もよろしくお願いします!!

とはいってもこのパーテーション地獄。
多くの人にはわずらわしいものであったにもかかわらず、
裕輔役の武田勝斗くんにとっては
思う存分に遊べる空間となっていたようで……。

迷路に見立てて走り回ったり、
気を抜いている大人にイタズラを仕掛けては
パーテーションの影に隠れてみたり……。
こっちも大人だ。朝から待ち時間が長かった分、
多少のイタズラには目をつむろう!
……とは言っても、「本番!」の声があがり、
他の役者さんの演技が始まるとピタッと静かになるんだから
このプロ意識の高さには、末恐ろしいものを感じました。



さてワタル役の長野レイナちゃんはというと、
「昨日は遅くまで友達とおしゃべりしてて…」
とのことで若干眠そうな顔を見せるときもありましたが
まったくもって心配無用!
いつもどおりの元気と絶妙の演技で
主演として映画全体を引っ張ってくれています。

ところで、『14才のハラワタ』は、
身の丈にあった予算と規模の中で、
皆が力を合わせ、一生懸命に作り上げている作品です。
小道具を新調するほどのお金が…となれば
皆の私物で代用したりもします。
時間に余裕がないとなれば
スタッフは休憩時間を捨て、
パンやおにぎりをかじりながら作業します。
エキストラが足りないとなったら……
ハイ!!私たち宣伝班の出番であります。



われらが宣伝班のアジマ嬢が塾の生徒役で緊急出演!
就職を決める前に銀幕デビューを勝ち取りました。
監督と山本Pの大英断です。
宣伝から演者へ。スピーディーな判断で
足りない部分を補いカタチにしていく…こうしたフレキシビリティーも
『14才のハラワタ』に関わる全ての人の
チームワークの高さによって成しえることなのです。
ちなみに、ド素人ながら塾生役を演じた感想は、
追々ご本人に語ってもらうとしましょうか。

本日塾の生徒役でご出演いただいた
浅野役の小関さん、多田役の藤田さん。
出番を終えたところで
「ご自宅はどちらの方なんですか」と伺うと、藤田さん、
「西東京市の…△△△というところです」。
すると間髪入れずに「あ、一緒だ!」
と、びっくりする小関さん。

そう、このお二人本当にご近所にお住まいで
何も知らずに千葉にて仕事で出会ってしまった
まさに数奇の運命を共有したお二人だったのです。
その後しばらく熱い地元話が繰り広げられたのは、言うまでもありません。
それにしても、こんなことってあるんですねぇ。

というわけで、本日も撮影は快調です!
公開まではまだまだ長い道のりですが、
現場の和やか、かつ真剣な雰囲気を肌で感じて
映画『14才のハラワタ』は間違いなくよい作品になると
宣伝部は確信しております。

明日以降も『14才のハラワタ』公式ブログ、
要チェックでございますよ!!
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
撮影4日目です。
はじめまして、宣伝班の金山です。



撮影4日目、今日は塾での撮影です。
実際に塾を借りての撮影ということで、現場は今にも授業が始まりそう。
先生方も、雰囲気漂ってます!


それに、なんといっても塾長の机!
お菓子やおもちゃがゴチャっとなっている塾長の机からは、監督の思い描くハラワタの世界がよく伝わってきます。



授業のシーンに入ると、監督の指導にも熱が入り、モニターでのチェックも段々細かく…
緊張感が張りつめる現場ですが、休憩中は談笑したり、みんなでお菓子を食べたり、リラックスモードでした!


今日の現場では、物の移動などが多く、スタッフさんはみんな汗だく。
撮影は昼間だったので、カーテンを付け替えたりと大忙しの中、コピー機の上に一枚の絵が…



う、上手い!!
落書き帳の紙には監督や主演の長野レイナちゃんはじめ、たくさんのスタッフさんの似顔絵が書いてありました。
一体誰が書いたんでしょうね(笑)


そろそろみんなに疲れの色が見えてきましたが、撮影はまだまだ続きます。

本日はそんな錆考塾の現場からお届けしました!
さつえい日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)| -
 1 >>
COUNTDOWN
『14才のハラワタ』予告編
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS